カニのハカマ・ふんどし

ハカマ?ふんどし?

  •  
  •  
  •  

おすすめのカニ通販サイトをランキングご紹介。

【カニ通販】おすすめ!ランキング > コラム > ハカマ?ふんどし?

カニのハカマ?ふんどしってナニ?

皆さんカニの「ハカマ」とか「ふんどし」ってお聞きになったことはありますか?
実はこの部分、カニの珍味を味わう上で、押さえておきたい箇所だったりします。

 

カニの「ハカマ」もしくは「ふんどし」は、カニの腹部で三角形に線が入った箇所のことを指します。この箇所は、魚で言うところの「エラ」にあたる部分。
名前の由来は、そのままズバリ、「ハカマ」や「ふんどし」に似ているからだとか…
産卵期を迎えると、メスガニはこの「ふんどし」部に卵を抱えています。
ただし、地域によってはこの「ふんどし」をエラの部分ではなく、「むき身」のこととして捉えるところもあるようなので、その地域の方が本サイトをご覧になっているのであればゴメンナサイ。

 

・「ふんどし」の内子
生の状態だと…
カニの甲羅を外すと、中側に見える紫色をした部分。
茹でガニだと…
カニの甲羅を外すと、中側に見えるオレンジ色をした部分。
(茹でガニの内子の食べ方)
一番は、そのまま食べるのが美味。カニのお腹にある、三角の部分と中の薄皮の間にあるふんどしの身も、スゴクおいしいので捨てずに必ず食べましょう。

 

・「ふんどし」の外子
ふんどしの外側にビッシリ付いている粒状の卵のこと。
(茹でガニの外子の食べ方)
「ワサビしょうゆ・酢じょうゆ」で召し上がってください。もちろんそのままでもOKです。

 

この内子と外子、カニ好きでお酒好きな方にはたまらない珍味。酒の肴にピッタリです。口に含むと、プチプチした食感と磯の香が広がって、なんとも言えず美味しい!

 

実はタラバガニは、ヤドカリの仲間
タラバガニやアブラカニは、カニと言う名前が付いていますが、実はヤドカリの仲間。その証拠に、ふんどし部に付いているお腹の線が左右非対称です。ズワイガニなどのカニはキチンと左右対称になっていますね。このヤドカリ、その辺の海岸にいるものは食べることはありませんが、大きなモノは三重県南部でお刺身としても食べられているとか、その味は、甘エビと伊勢海老の中間みたいな味だとか。
無類のカニ好き、甲殻類好きとしては、一度食べてみたいものです。

関連記事

メニュー

コラム

 

Copyright 【カニ通販】おすすめ!ランキング All Rights Reserved.